専門学校と経営:専門学校経営者に情報を届けるサイト

全ての専門学校と企業を結びつける 専門学校と経営

学生募集から就職支援まで、最新の情報を集約。

専門学校応援企画「遠隔授業・デジタル教材特集」
ビッグデータマーケティング 教育推進協会・設立準備委員会
  1. 専門学校と経営TOP
  2. 環境・コンテンツ
  3. 学生の1人1台に最適なChromebook
学校環境・設備

学生の1人1台に最適なChromebook
CEUもセットで導入しラクラク管理

政府が推進するGIGAスクール構想により、多くの小・中学校で1人1台の端末導入が進みました。教育機関向けにつくられた端末である Chromebook は全国小・中学校で採用率1位を獲得しました。また、今年度整備予定の高等学校でも、Chromebook の採用校が多いようです。 Chromebook が学校現場で高い評価を受け続けることで、今後の教育業界における必携PCを取り巻く事情も大きく変わっていくでしょう。DSKがオススメする端末のラインアップはこちらよりご確認ください。

◎専門学校でも Chromebookをオススメする理由

① 起動の速さ ②端末管理のしやすさ ③運用のトータルコスト ④Google Workspace for Education との親和性
⑤ 低コストの本体価格 ⑥ キーボード付きの安心感 ⑦ 一般企業でも導入が浸透(リモートワークが契機)

Chromebook には CEU(Chrome Education Upgrade)という 専用の MDM(Mobile Device Management)があります。 CEU は1つの端末から同じドメインすべての端末を設定できる管理コンソールで、何千台規模に上る Chromebook でも、数回のクリックだけで簡単に管理できます。1台につき1ライセンスを購入する必要があり、ライセンス数に応じた端末の200項目以上のセキュリティなどに関わる一元管理や端末設定が簡単にできます。管理運用を考えると、CEUは端末導入時には必携のソリューションです。

Google Workspace for Education
先生の働き方・教え方を変え、学生の学びを加速する

教育機関向けのグループウェアである Google Workspace for Education は、教師同士、教師と学生のコミュニケーションやコラボレーションを強化し業務の効率性を高める各種ツールを、安全なプラットフォーム上で提供しています。

ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォームをはじめとした各種アプリは共同編集が可能で、教師の働き方・教え方を変革し、学生同士の協働による豊かな学びをサポートします。

特に、アプリ間の連携が緊密に取れているので、Google Meetでオンラインでつなぎながら、Jamboard で参加者がアイデアを出し合うことで、オンラインでも対話的な授業を手軽に展開できます。また、フォームで取得したデータをスプレッドシートに取り込み、そのデータを加工してスライドで表現することで、データの可視化による説得力のあるプレゼンテーションが可能になります。

◎Google Workspace for Education で使える便利なアプリ群
アプリ間連携が緊密なので、使え込むと手放せなくなります

Google ドキュメント、スプレッドシート、スライド、フォーム、Google Meet、サイト、Chat 、Gmail 、Jamboard 、カレンダー、Classroom

Google Workspace for Education には4つのエディションが用意されており、無償で提供されている Google Workspace for Education Fundamentals と3つの有償版エディションがあります。有償版の詳細はこちらをご確認ください。

DSK Education オリジナルサービスメニュー
学校現場でのICT化を支援しています


ECサイトでスマホからでも
端末購入が可能に

電算システム(DSK)は、2006年より、One Google を合言葉に Google の各種サービスを専門的に販売するパートナーとして活動しています。学校現場向けには Google for Education を中心にICT化の支援を行っています。

GIGAスクール構想で多くの学校現場で導入された Chromebook については、学校における導入や導入支援、端末のあんしん保証のほか、BYADなど保護者負担で導入する際のECサイトによる購入支援など、幅広いサービスメニューを取り揃えています。

教師と学生のコミュニケーションを円滑にし、生産性を高めるグループウェアである Google Workspace for Education では、有償エディションのライセンス販売を手掛けています。

また、ご導入いただいた後には、管理者向けおよび利用者向けトレーニングも実施しています。メニューはトレーニングを希望する学校の現在の立ち位置に合わせて、レベルとコースを選択できるようになっています。例えば、初級編では、Google for Education の基本を理解し、Chromebook の操作や Google Workspace for Education でできることを学んでいただけます。導入後には、ぜひ、こうした機会もご活用いただければと思います。なお、トレーニングに必要な時間については、多忙な学校現場の実情も鑑み、より短い時間で濃密に学んでいただけるよう90分で設定しています。

電算システム(DSK)では、学校現場でのICT化を支援する情報発信も、セミナーやブログ、SNSなどで行っています。ぜひ一度、ご覧ください。

<お問い合わせ先>

株式会社電算システム
クラウドインテグレーション事業部
E&Eソリューション部
〒104-0032
東京都中央区八丁堀2-20-8八丁堀綜通ビル5F
メール:gfe_sales@densan-s.co.jp

環境・コンテンツ一覧へ戻る

このページのTOPへ



(c) b-arrive Co.LTD.All Right Reserved.