専門学校と経営:専門学校の経営者・広報・就職担当者の情報サイト

全ての専門学校と企業を結びつける 専門学校と経営

学生募集から就職支援まで、最新の情報を集約。

ビッグデータマーケティング 教育推進協会・設立準備委員会
  1. 専門学校と経営TOP
  2. 環境・コンテンツ
  3. 緊急アンケート「遠隔授業実施に関して」結果報告
学校環境・設備

緊急アンケート「遠隔授業実施に関して」
結果報告

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、専門学校でも遠隔授業を実施、または検討されている中、【専門学校と経営】事務局では、遠隔授業の対応状況、実施にあたっての課題について、メールマガジンで緊急アンケートを実施しました。
お忙しい中ご協力いただいた皆様には、あらためて感謝申し上げます。

連休を挟んでの緊急アンケートのため、回答数は少ないですが、参考となる結果が出ましたのでご報告いたします。

アンケート実施期間:2020年4月27日~5月8日
回答数:27件

学校が所在する都道府県

学校が所在する都道府県

遠隔授業の実施状況を選択してください。(27件の回答)

遠隔授業の実施状況を選択してください。

実施中、または準備中、実施方法を検討中が9割を超えました。実施しないという回答はゼロ。各校が遠隔授業の実施に向けて、準備の最中であることがわかりました。

現在活用している、または活用を検討している遠隔授業の方法を選択してください。(複数選択可)

授業の方法を選択してください

Zoomを活用または検討している学校が7割を超え、続いてマイクロソフトのteamsが6割近く、YouTubeが4割以上となりました。Zoomとteamsなどのように、複数を選択された学校が多く、いくつかを試しながら準備していることが伺えます。
YouTubeまたは動画のオンデマンド配信を選択した学校は約5割で、動画の活用を検討している学校も多いようです。
また、ZoomやteamsのようなWeb会議ツールだけでなく、Googleクラスルームのように課題を管理するツールの活用も検討されています。

遠隔授業実施に関する課題は何ですか?(複数選択可)

遠隔授業実施に関する課題は何ですか?

<その他の内容>
演習授業での実施が困難
情報系の学科は準備できているが、他学科はまちまちである。
留学生の遠隔授業に関する明確な基準が示されていないため、どこまでを授業時間としてカウントできるのかが分からない。
まだ実際に行っていないので、実施後に課題等が改めて出てくると思う。

「学生の受信環境(Wifi)が揃わない」「遠隔授業用の教材作成」が7割を超えました。学生の環境については、全学校種でも課題となっていることが報道されており、同様であることがわかりました。教材作成についても、多くの学校が課題と認識されていました。これに次いで、学生のモチベーション維持が6割となっています。今月から本格的に遠隔授業を行う学校も多いと思われますので、実施後の課題も気になるところです。

<お問い合わせ先>

【専門学校と経営】事務局
〒105-0003 東京都港区西新橋2-9-6 ヤノデンビル4F (株式会社ビーアライブ内)br> TEL:03-3597-1885
メールアドレス:setten-info@sgec.or.jp

環境・コンテンツ一覧へ戻る

このページのTOPへ