専門学校と経営:専門学校の経営者・広報・就職担当者の情報サイト

全ての専門学校と企業を結びつける 専門学校と経営

学生募集から就職支援まで、最新の情報を集約。

ビッグデータマーケティング 教育推進協会・設立準備委員会
  1. 専門学校と経営TOP
  2. セミナー
  3. [第2回]企業・学校チーム対抗「PG BATTLE2019」開催
セミナー

[第2回]企業・学校チーム対抗「PG BATTLE2019」開催

[第2回]企業・学校チーム対抗「PG BATTLE2019」開催

PG BATTLEは、1チーム3名による企業・学校対抗プログラミングコンテストです。作品を提出して審査する方式ではなく、出題された問題を解くプログラムを90分間に4つ書いてオンライン提出するガチ勝負です。

昨年は、260チーム、780人が参加して熱い熱いバトルが繰り広げられました。今年は規模を拡大して9月28日に開催します。スポンサー制度も拡充して、賞金も倍額とし、またスポンサー名を冠したスポンサー名賞(飛び賞)も設けましたので、上位に入らなくても商品をもらえるわくわく感が持てます。

また、昨年は企業の部と学校の部の2部制でしたが、「大学・専門学校」と「小・中・高校」を分けて3部制にしました。エントリーは9月14日まで。専門学校生の皆さま、ぜひ、ご参加ください。

お申し込みはこちら

開催概要

開催日時 2019/9/28(土)13:00 – 14:40 ※Japan time
開催場所 受験 ⇒受験は会場を使用せず、会社・学校・自宅等からインターネット経由でリモート受験。
応募期間 2019/7/1(月)~2019/9/14(土)
賞品 ■大学&大学院、高専、専門学校の部(学部と院混成はOK)
Amazon ギフト券  1位:24万円、2位:12万円、3位:6万円
飛び賞:スポンサーの賞品
スポンサー企業一覧
参加費 無料
結果発表 結果発表会 2019/10/5(土)
PG BATTLEホームページにて成績上位チームを発表します。

表彰式や楽しいトークセッションの様子をインターネットで生中継します。
主催 株式会社システムインテグレータ
共催 AtCoder株式会社
試験内容 プログラミング判定サービス「TOPSIC」を使って90分間のうちに4問のプログラムを書いて提出します。
TOPSICについてはこちらを参照してください。 (TOPSICを購入する必要はありません)。
応募要項 1チーム3名でエントリー。1校で複数のチームが参加可能ですが、1人が複数チームに属することはできません。
バトル部門 以下の3部門でそれぞれ競い合います。
①高校、中学、小学の部
②大学&大学院、高専、専門学校の部(学部と院混成はOK)
③企業の部
順位 3人の合計点数で競います(300点満点)。同じ点数の場合は、解答時間の短い方が上位となります。本人には個人の順位もお知らせしますので、自分の実力を把握することもできます。
言語 日本語か英語で受験可能。海外からのリモート参加も可能です(昨年もいろいろな国から参加いただきました)。
プログラミング言語 Java,C#,Ruby,Python,PHPなど現在主流のプログラミング言語に対応していますので、自分の最も得意な言語で受験できます。受験可能言語については、こちらを参照ください。

お申し込みはこちら

<本イベントに関するお問い合わせ先>
PG BATTLE事務局(https://products.sint.co.jp/pg_battle_2019
メールアドレス: pgbattle@sint.co.jp
TEL: 048-600-3883 FAX:048-600-3676
(TEL受付:平日9:30~17:30/FAX・インターネット受付:24時間)

セミナー一覧に戻る

このページのTOPへ