専門学校と経営:専門学校の経営者・広報・就職担当者の情報サイト

全ての専門学校と企業を結びつける 専門学校と経営

学生募集から就職支援まで、最新の情報を集約。

通信制学科設立ナビ専門学校から企業へ
  1. 専門学校と経営TOP
  2. セミナー
  3. 「Unreal Engineアカデミックサミット」開催報告
セミナー

「Unreal Engineアカデミックサミット」開催報告

「Unreal Engineアカデミックサミット」開催報告

2017年2月16日から18日に、ゲーム、VR、CG学科を有する専門学校を中心とした教育機関向け「UNREAL ENGINE(アンリアルエンジン)アカデミックサミット」が開催されました。主催したのはEPIC GAMES JAPAN。【専門学校と経営】事務局は本サミットの事務局を担当しました。

UNREAL ENGINEは、ハイエンド3DゲームやVRといった、プロのゲーム開発等の現場で活用できるツールとして高い指示を得ています。関連学科での導入も広がっており、これから導入を検討している学校も多数。そこで、教育機関の皆様向けに最新情報のご提供と、情報交流を目的に今回のサミットは開催されました。

2月16日は、講演会と関連企業との交流会、17日、18日は教員の皆様向けのハンズオントレーニングという大きく2部構成としました。

ヤングジョブクリエイションおおた2016開催報告

2月16日の講演会は、EPIC GAMES JAPAN 代表 河崎高之 氏からスタート。「Unreal Engineの今と未来」と題して、事例を紹介しながら、様々な分野での展開についても説明しました。

続いて、同社でUNREAL ENGINE COMMUNITY MANAGERとして、全国の学校を駆け回っている今井翔太 氏より、「Epic Games の教育機関への取り組み」について。UNREAL ENGINEを導入した授業を行う教育機関の皆様に提供されているドキュメント、ビデオチュートリアル等を紹介しました。

後半は、株式会社ファリアー 代表取締役社長 馬場保仁 氏より、「教育現場における、ゲームエンジンの可能性」についてお話しいただきました。馬場氏は、セガエンタープライゼス、ディー・エヌ・エーにおいてゲームプロデュースを担当されてきた経験と、ゲーム業界の人材育成携わっているお立場から、現在業界が必要としている人材の教育に関して、教育現場が考えるべきことを伝えていただきました。

最後は、株式会社ヒストリア 代表取締役 佐々木瞬 氏、「産学共同ゲーム開発プロジェクト『UNREAL CHALLENGE』成功例から」。ヒストリアは、Unreal Engine 4専門のゲームデベロッパーとして多数のゲームコンテンツを手掛け、佐々木氏ご自身もUnreal Engineの日本有数の使い手として、活躍されています。『UNREAL CHALLENGE』では、買ってもらう価値のある作品を創ることが目的。このプロジェクトに参加することで学生皆さんが得るものは、とても大きいことがわかります。教育現場で行うべきことについて多くのことをおしえていただきました。

終了後は、参加者の皆様との交流会。会場内にはVR体験コーナーも設置された他、講師以外のゲーム会社など企業からも多数ご参加いただきました。学校と企業、教員同士の交流が活発に行われました。

ヤングジョブクリエイションおおた2016開催報告

2月17日、18日は、教員の皆様向けハンズオントレーニング。東京デザインテクノロジーセンター専門学校の教室をお借りして実施しました。

ヤングジョブクリエイションおおた2016開催報告

講師は、株式会社 もももワークス 代表取締役 CGディレクター/テクノロジスト 川島基展 氏。
川島先生はCGコンテンツ制作やゲームコンテンツ開発に携わるだけでなく、複数の教育機関のCG、ゲーム学科の立ち上げや学生育成支援を行っていらっしゃいます。

今回のハンズオンは、2日間で正味10時間、今後の授業で役立てていただける内容を凝縮して実施していただきました。参加した教員の皆様には、各校の授業で活用いただけるよう、当日使用した教材データを川島先生からご提供いただき、共有させていただきました。

18日の午後は、教材とPC環境をテーマとしたディスカッションを中心としたセッションを設けました。

教材セッションは、UNREAL CHALLENGEの書籍を出版している株式会社秀和システム、編集者の石原様。

PC環境セッションは、ゲーム開発用マシンを提供しているサードウェーブデジノスの桑園様と濱田様。

参加された教員の皆様にとって、教材とPC環境はより効果的な授業を行う上で欠かせない要素です。これまで思っていた要望や具体的な意見、質問を投げかける機会となりました。

EPIC GAMES JAPANでは、今後定期的にこのような機会を設け、ゲーム、VR、CGの業界に優秀な人材の輩出に貢献していく予定です。

※UNREAL ENGINE ブログにも開催報告が掲載されています。
https://www.unrealengine.com/ja/blog/unreal-engine-academic-summit

<お問い合わせ>
【専門学校と経営】事務局
〒105-0003 東京都港区西新橋2-9-6 ヤノデンビル4F (株式会社ビーアライブ内)
メールアドレス:setten-info@sgec.or.jp
TEL:03-3597-1885

セミナー一覧に戻る

このページのTOPへ


Imagine cup


(c) b-arrive Co.LTD.All Right Reserved.