専門学校と経営:専門学校の経営者・広報・就職担当者の情報サイト

全ての専門学校と企業を結びつける 専門学校と経営

学生募集から就職支援まで、最新の情報を集約。

通信制学科設立ナビ専門学校から企業へ
  1. 専門学校と経営TOP
  2. 企業との連携
  3. 学生向け技術コンテスト「イマジンカップ日本大会」開催 ゲームデザイン部門でトライデントコンピュータ専門学校のチームが優勝!

学生向け技術コンテスト「イマジンカップ日本大会」開催
ゲームデザイン部門でトライデントコンピュータ専門学校のチームが優勝!


 ゲームデザイン部門で優勝した
  トライデントコンピュータ専門学校のチームブロッサム

2012年4月7日、マイクロソフト主催の学生向け技術コンテストImagine Cup の日本大会が開催されました。
専門学校からはゲームデザイン部門に2チームが出場し、見事、トライデントコンピュータ専門学校のチームが優勝しました。おめでとうございました。



4月7日、日本マイクロソフトの品川本社に、熱い思いを持った学生たちが集まりました。イマジンカップ日本大会の開催です。
Imagine Cup (イマジンカップ) は、テクノロジで世界を変えたい学生を応援する、ワールドワイドの技術コンテストです。日本大会には全7チームが出場、内2チームが専門学校チームです。

13:30、日本マイクロソフト アカデミックテクノロジー推進部 部長の奈良郁枝氏のご挨拶で開会。続いて、来賓の方からのメッセージがありました。

内閣府参事官 高橋淳氏からは、「ITを使い倒そう。個の力を蓄えて、肩書よりも“この人”と思ってもらえる人になってほしい」とのメッセージ。

続いて、文部科学省 生涯学習政策局参事官 学習情報政策局 新井孝雄氏からは、「社会的、文化的、技術的ツールをインタラクティブに活用できることが求められている」「知識基盤社会を生き抜いていく人材に相応しいイベント」とのメッセージをいただきました。

さらに、マイクロソフト本社からは、Imagine Cup ゲームデザイン部門担当 Andrew Parsons氏からは学生にエール、「ガンバッテ!」と。

奈良郁枝氏
日本マイクロソフト アカデミックテクノロジー推進部 部長の奈良郁枝氏

高橋淳氏
内閣府参事官 高橋淳氏


新井孝雄氏
文部科学省 生涯学習政策局参事官 学習情報政策局 新井孝雄氏

マイクロソフト Imagine Cup ゲームデザイン部門担当 Andrew Parsons氏
マイクロソフト Imagine Cup ゲームデザイン部門担当 Andrew Parsons氏

そして、いよいよソフトウェアデザイン部門から、出場チームのプレゼンテーションが始まりました。

各チームのソリューションは、

  • 「子供たちを対象にした機織り支援システム」弓削商船高等専門学校
  • 「可視光通信による省電力照明システム」東京工業高等専門学校
  • 「視覚障碍者視点にたった入力デバイスとWebブラウザ」同志社大学
  • 「ICタグを内臓した飲料容器によるペットボトル削減を達成するソリューション」慶應義塾大学大学院

実際に企業や関係者に持ち込んで意見を反映したソリューションの質は高く、出場している学生たちは「これで世界を変える」という熱い意志を持っていました。プレゼンテーションはうまさだけでなく、その気持が伝わってくる素晴らしいものでした。

優勝したCoccoloのプレゼン
優勝したCoccoloのプレゼン

省電力照明システムのデモ
省電力照明システムのデモ

接戦だった慶應義塾大学大学院の「Dricos」
接戦だった慶應義塾大学大学院の「Dricos」

「Dricos」ICタグを内臓した飲料容器のデモ
「Dricos」ICタグを内臓した飲料容器のデモ

 次にいよいよゲームデザイン部門、専門学校から2チームの登場です。

>>続きはこちら

このページのTOPへ


Imagine cup


(c) b-arrive Co.LTD.All Right Reserved.